ブックメーカー投資をパチンコ・競馬と比較

PASONA_18_TP_V

ワクワク様です

月利300%稼ぐブックメーカー投資

KKAコミュニティのたろーです

 

前回は投資における必須の知識

「期待値」と「還元率」について説明しましたね。

 

今回はその点を踏まえた上で、他のギャンブル投資との比較をしながらお話していきます。

 

ブックメーカーの還元率をパチンコ・競馬と比較

 

それぞれのギャンブルの還元率ですが、

 

ブックメーカー:97%

パチンコ:80%

競馬:70%

 

と言われています。

前回の記事を読んでいただいた方は、この時点で

いかにブックメーカーが稼ぎやすいか?

というのがはっきりと分かると思います。

 

胴元の取り分の分だけ、ベットの期待値は下がるわけですので、

下がった分をいかにカバーできるのか?

というのがギャンブル投資のキモになってくるわけです。

 

逆に言えばそこのカバーをできるノウハウさえあれば

確実にブックメーカーで利益は出せる

ということなんですね。

 

シミュレーション

 

例えば、これを期待値110のギャンブルにしようと思うと

 

ブックメーカー:110-97=13

ですので、13の頑張り・ノウハウがあれば、理論上稼ぐことができます。

 

しかしながら、他の2つの場合

パチンコ:110-80=30

競馬:110-70=40

 

単純計算ですが、

パチンコなら、ブックメーカーの約2倍

競馬なら約3倍の努力・ノウハウが必要になってくるわけです。

 

成功確立で言えば、ブックメーカーは

パチンコの2倍

競馬の3倍

高いと考えてもらってほぼ間違いありません。

 

 

ブックメーカー投資の圧倒的特徴

 

これは主に競馬・競艇と比べた場合の話です。

恐らく今まで競馬投資をされたことのある方は非常に驚くのではないでしょうか。

 

ブックメーカーは買った時点でのオッズが適用されます。

 

競馬だとよくあるのですが、

購入時:1.5倍

オッズ確定時:1.1倍

となった場合、払い戻し金額はオッズ確定時の倍率に依存します。

 

折角オッズが高い時に買っても、後からが下がってしまう危険があるわけです。

「ちくしょう!俺はあんなにレース開始前から下調べして情報を集めていたのに不公平だ!」

なんて思ったことありませんか?

 

ところがブックメーカーは違います。

オッズが30倍のものを買って、それが後から1.1倍に下がったとしても

購入時のオッズ30倍がそのまま適用されます

 

つまり、情報収集力・予想する力があればあるほど、

オッズが高い時に購入できるので稼ぎやすい、となるわけですね。

 

 

 

さて、ここまでブックメーカーの優位性についてお話してきましたがいかがでしょうか?

 

100%誰がやっても稼ぐことのできる投資なんてものは残念ながらありません。

限りなく稼ぐことが出来るノウハウはありますが、世の中に絶対なんてものはありません。

 

ですが、そもそも胴元が提供しているシステムとして

圧倒的にブックメーカーは稼げる確率が高い

というのは紛れもない事実と言えますね。

 

そんな素晴らしい可能性を秘めたブックメーカー投資ですが、残念ながら完全無欠・完璧なものなんて存在しません。

何事においても、現状を維持するということすらメリット・デメリットが存在します。

次回講座では、そのメリット・デメリットについてお話しますね。

 

【ブックメーカー投資講座その5】

ブックメーカー投資のメリット・デメリット

2016.09.08

 

☆友達登録で有料級動画をプレゼント☆

→LINE@ID→ @sxs9560n line.me/ti/p/@sxs9560n


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です